2008/04/23

アックゼロヨンアワード

2008年4月23日アックゼロヨンアワード2007授賞式が東京国際フォーラムホールD7で開催された。
私は1次審査員だったので最終的な受賞サイトを見届けるべく、また取材を兼ねて初めて参加した。
会場にはノミネートされたサイトの権利者と制作会社、また1次審査員の一部と最終審査員の面々などが集まった。

グランプリはモリサワのコーポレートサイトだった。本当によかったと思う。
このサイトはリニュアル当初から本当に素晴らしいサイトだと思っていたのでうれしい。モリサワが築いてきた日本語組版の美学をサイトでも体現し、かつ啓発的な情報を常に発信し続けているところが凄い。自信をもって表現している態度。意気込みに溢れている。

で、それはそうとして今日はとても残念でした。
残念のハイライトは最後に麻生太郎氏が登壇したあたりだ。
氏はパネルディスカッションに登壇予定だったのだが、時間通りに到着しないということだった。氏の登壇までの間、本アワードの実行委員長であるビジネスアーキテクツの森田雄氏をモデレータとして、カフェグローブの矢野貴久子氏、多摩美術大学の宮崎光弘教授、日経BP社の勝尾岳彦氏、IMJの取締役荒井尚英氏、イメージソース代表取締役の伊藤幸治氏が四方山話をした。
パネルなのに四方山というのはおかしな表現だが、これは大前提として「麻生待ち」という指示のもとにはじまったパネルであり、これは森田氏も「来るまでなにかつなぎで話して」とおっしゃったので題目無しの雑談である。登壇者はそれぞれ自己紹介などするに留まった。その間、森田氏が提供した糸電話のような帯域幅の環境から海原のように広がる帯域幅を体感できる今、ネットに対して抱くインパクトは世代によって変わりますよね。といったような問いかけから雑談が続いたあと、麻生太郎氏の到着で空気が変わった。
到着時刻は17時10分くらいだったと記憶する。私は17:35分に出なければならなかったため、「本番」は20分程度しか見られなかったのだが、その間発言していたのはほぼ麻生太郎氏のみ(カフェグローブ矢野氏が1つ質問していたが)であった。
その間の麻生氏の話の内容は「商人はリサーチがヘタ。お年寄りのニーズを全く把握していない。私は巣鴨なんかよく行きますけど、ああいった場所では耳のサイズにピッタリ合う耳かきを売ってる。1本2000円から3000円くらい。それをマネしたのが新宿の京急百貨店。行ったことある?おばあちゃんとでしょ?」という街頭演説系トークである。最終的にウェブとどうこじつけたのだろうか。と気がかりではあるが、あまりウェブどうこうの話を主体的にするために来たというわけではなさそうだった。
というのも、アックゼロヨンアワードの共催者であるプロップステーションの竹中ナミ氏は麻生氏とマブであり、来てよ、行くぜ。で成り立っているような雰囲気であったのは会場にいるだけでわかった。不特定多数の人様にお見せするパネルの場で「ナミ姉(ねえ)」「太郎ちゃん」と呼び合っていればいやでも仲良しなのはわかるから。そうすることによる持ちつ持たれつの具体的な利害については知らないが、日本ウェブ協会がその状態を普通に受け入れていたのは不思議だ。
何を持って受け入れていたとジャッジしてしまうのかというと、授賞式の中、竹中氏は日本ウェブ協会の会長である森川氏を「森川ちゃん」とマイクを通じて呼んでいたのと、同協会の理事であるビジネスアーキテクツの森田氏は竹中氏を指して「ナミねえ」と呼んでいたことを指している。くだけすぎ。どうしてもうちょっと巻き込まれないように仕切れなかったのか。
今回、それでなくても本イベントのスポンサーである制作会社の手がけたサイトが数多く受賞しているのだ。普通にしていて内輪ウケとか言われやすい状況なのに、くだけすぎである。
さらにパネルの際、竹中氏は、麻生さんには若いウェブ制作者とディスカッションできるということで来てくれるという約束を取り付けた。でも登壇者が若くない。という主旨の発言をしていた。
その際、会場には笑いが起きたのだが、これはさすがに登壇者に失礼である。
竹中氏はこれまで障害者の活動に興味を持ってもらうべく、場所を選ばず面白トークを積極的に試みることもあっただろう。
テレビに出たとき面白く喋るって大事だなあ。こんどはもっとがんばらな、と思ったこともあっただろう。
しかし、本日の登壇者は、いじられて笑いを取ることに同意していない。
そもそも何かの授賞式において「イじられて笑われる」など予想外であるはずだ。
バラエティ番組じゃあるまいし、なにもテレビのまねごとをこんなところでしなくても。
さらにパネルでは「お待ちかねの麻生太郎」となっていたが、訊きたいか?政治家の話。私は受賞者の話こそ聞きたかった。最終審査員と受賞者が最近のウェブってどうよ?って討議する姿が見たかったよ。だってその場に居た受賞者の人たちって普通忙しいよ。受賞の段階で青い顔して睡眠時間足りてないのわかるから。そんな状態で来て巣鴨のじいちゃんがどうこうって。ウェブ協会が政治家と仲良くならなきゃいけない事情もあるのかもしれんけど、そんなのよそでやってくれてもいいんじゃないか?
ユニバーサルデザインの話をしているのになぜか空間的に閉じている、と感じたのが残念でした。

8 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

イベントには参加していませんので、微妙なニュアンスは掴みきれませんが、このアワードの「空間的に閉じている」という表現は十分に文面から感じられ、痛く共感します。結局は「権威者=利権者」になりたいという浅はかな振る舞いではないでしょうか。WEBが盛り上がり始めた初期の頃、それがもたらす新しい可能性を生み出そうとパフォーマンスしていた人達が懐かしく、またそういうムーブメントをいつの時代でも作り出していきたいものです。

Yano_Rin さんのコメント...

匿名さま
コメントありがとうございました!
プロップステーションや日本ウェブ協会がサイトに掲げている理念はどちらも共感できる内容です。
ですが、書き言葉は世界を抽象化するというように、やはりリアルな場で理念を具現化する行動がなされないと抽象化された部分がそのままになってしまうのだと思います。
書き言葉によるコミュニケーションが主流になればなるほど、ここは気を付けねばならないと自戒の念を込め、考える次第です。おっしゃるとおり、私自身も新しい可能性を生み出すための行動の質を常に考え抜いたうえで、生きていきたいです。

みどりかわ さんのコメント...

中継を、麻生さんの登場前まで観ていた者です。
イベント後、いっちゃん先に矢野さんのレポートを見つけたので、えー、というか、ショックというか、心を痛めました。

なんか、こんな前振りもあったんすね…

アックゼロヨン・アワード 今年の表彰式で「麻生太郎 vs 若きWebクリエイタ、対話集会」やります!!


参加者それぞれが認識しているコンテキストとか、期待ってそれぞれあると思うんですけど、すり合わせをしておくことが大事なのかなあと思いました。すり合わせ、便利な言葉ですが。

Yano_Rin さんのコメント...

緑川さま

コメントありがとうございます!うれしかったです。
また、前ふりの情報ありがとうございます。こちらに関しては恥ずかしながら全く知りませんでした。
公言していたからこそ、話が違う、と協会側に釘を刺すつもりで「若くない」と発言したことも予想できますね。だとしたらエントリーに書いたような「ウケ狙い」ではない。と見ることはできます。しかしどちらにしても楽屋ネタです。次回の課題でしょう。
緑川さんはストリーミングを見ていてどう思われましたか?私は式を見たほかの人たちがどう思ったのか知りたいです。

みどりかわ さんのコメント...

こちらこそ、リプライありがとうございます!

矢野さんの記事を拝見するに、一次審査員の方々と、竹中さんや森川さんとで直接やりとりや意見をシェアすることはなかったのですね。
だとするとこういったフィードバックも、どうやって吸い上げられるのかしら…と思いました。

さて、そうですね、感想としては、付きっきりで画面を覗いていたわけではない(すみません)し、好き勝手言わせていたてきますと…

ストリーミングすること自体が有り難いと思いましたし、休憩時間のKNN神田さんのスペシャルコンテンツが良かったです(矢野さんのインタビューもばっちり拝見しましたー)。

逆に言えば、神田さんのコーナーがあったからこそストリーミングが引き立つというか番組っぽくて、それがないと単に流してただけ、になりますね…。

あと、事前に講評を喋る方々へ、どういうことを述べて欲しいとかインストラクションがあればいいのかなと思いました(言葉を指示するんじゃなくてアジェンダを示唆する)。
喋る人の内容とか立場が、式の重み付けに影響するので。

次回もストリーミングで視聴できるか判りませんが、私は期待しています。

Yano_Rin さんのコメント...

みどりかわさま

コメントありがとうございます!
なるほど。ストリーミングに関しては番組らしくする工夫が必要とのご意見、わたしも賛成です。
また、講評や総括ではやはりおおまかな内容の確認はしたほうがよいでしょうね。わたしとしては式の重みのみならず、賞の重み、協会の存在に対する重みにも影響すると考えます。
ご推察の通り協会長とは直接お話していません。もっと主体的にいろいろと確認すればよかったな。わたしの反省です。
気付きを与えてくださって本当にありがとうございました!!

macchaka さんのコメント...

アックゼロヨンが先にありきのウェブ協会だと思うのですが、結果、協会の活動自体が、閉鎖的で、迎合的になっています。

あの理念を実現していくためには、もっと開かれた活動で、若い人も巻き込んでやっていかないといけないのに、基本的には会員でないと、その活動には参加できません。

その会員も、どういう人を相手にしようとしているかは年会費を見ていただければ察しのつくとおりです。

活動のためにはスポンサーが必要で、そのために権威とかに迎合的である必然があるのかもしれないですけど、それによってウェブを作り出す現場との間で乖離したら、その存在は全く意味がないものになってしまうのではないかと危惧しています。

アックゼロヨンは、たぶん、受賞したい(応募する)ところも業界のリーダーが選んでくれたという価値から、中央省庁が後援しているという権威を欲する企業に変わっていくと思います。

Yano_Rin さんのコメント...

macchakaさん、コメントありがとうございます!

年会費は協会の規模と活動内容によるでしょうが、個人会員12万円は高いですね。ウェブデザイナーズ協会は1万2000円ですからケタが違います(JDWAのページは全然構造化されておらず、わやわやではありますが)。
あと、学生会員枠がないのも残念ですね。
頂戴したご意見を広くシェアしたいので、別途エントリにいたします。

macchakaさんのように今後を主体的に危ぶむ声がきけてうれしかったです。
これからも考え続ける力を頂きました。ありがとうございました!