2014/06/07

妊婦の食事制限

食べるなリストがいつのまにかけっこう増えていたのでびっくり。
10年前の長男のときはマグロくらいでした。妊娠3ヶ月目で栄養士面接うけたときに言い渡されたリストにあったのは以下。

■量を制限する必要のある食べ物

昆布
※(ヨウ素)の過剰摂取で子供の甲状腺機能が低下する。

目安
1週間で5cm四方くらいが上限。とろろ昆布のおつゆは1週間に1パイ程度。昆布だしにもヨウ素は含まれるため麺類のつゆを飲むなどは控えること。みそ汁のだしはカツオだしにするなど工夫する。

これ凄い困りました。とろろ昆布、おでんの昆布とかつわり時期にけっこう食べれた食材だったので。あと、塩昆布を調味料代わりによく使ってたのと、ほんだしみたいな顆粒だしにはたいてい昆布の粉末が入っている。いや、よく見るとスナックや調味料、市販の漬け物の果てまで昆布ってたいていのものに入ってるんですね。だからせめて昆布本体を食べない。という線引き程度にしないとノイローゼになります。私はそうしていました。

レバー類、うなぎ
※催奇性の原因物質であるビタミンAが多く含まれている

目安
レバーなら1週間に串焼き1本程度にしとけ。うなぎはちょっとした切り身を1切れ程度。
酒も飲めないのに串焼き食べないのでもう食べなくていいやと思いました。
ビタミンAは緑黄色野菜とかでも適度に接種できるのでレバーとうなぎは妊娠してから食べてません。

みなみまぐろや金目鯛、マカジキ、クロムツ
※水銀が多い

目安
1週間におさしみ1人前(4切れ程度)なら許容量。金目鯛は煮付けなら1切れ。週にメニューがかぶらないようにする。

つわりが終わってからお寿司はけっこう食べられるようになったのと、メニューとして簡単なのでつい「マグロ丼を...」と思ってしまいがちですが、面倒なのでまぐろだけさけるようにしました。サーモンとかしめさばばっかり食べるようにしました。

基本的に食べないほうがいいもの

生ハム、スモークサーモン、モッツァレラチーズなど生のナチュラルチーズ
※胎盤を通過するリステリア菌を摂取するおそれがある。

えー、です。特にモッツァレラチーズが好きなので。生ハムはランチの時にサラダの上にのっかったりしてたのでよけてました。ちょっと食べたからってどうなるというわけではないですが、当たり外れのある話だということです。ナチュラルチーズは加熱してあれば大丈夫なのでピザはOKです。リステリア菌を食らうとどうなるか。ですが、胎児の健康に問題が出るとのことです。

生肉
※食中毒の危険がある

食中毒にかかると母体によろしくない。というのは当然ですが、まれに「トキソプラズマ菌」というヤツがくっついているからダメとのこと。こいつは胎盤を通過して胎児の健康を阻害するとのことなので要注意だそうです。ちなみにトキソプラズマはペットのうんちに付いてることがあるのでペットのトイレ掃除は注意とのこと。

こうしたネタはネットで調べるとほかにもいろいろ出てくるのですが、病院で特になにも言われなかったにも関わらずよくひっかかるのが

・バジル

バジルがダメならイタリア人が大変なことになりそうだが、栄養士さんによるとジェノベーゼソースとか、ピザに乗っかってるやつとか普通に食べるのは特に問題ないそうです。
(こういう食べ物ネタでバジルを食べると流産するとか無茶なことを書いて妊婦を脅して閲覧数をかせぐへんなリソースが大量にあるのはこまったものですなー)

あと、厚生労働省のページで頻繁に紹介される要注意食材で異色なメニュー

・バンドウイルカ



そっかー...。水銀量がハンパないんだそうです。
週に10g程度、一人前なら2ヶ月1ぺん程度なら...みたいなことを書いてましたが、入手困難なので、食べる機会はあまりないかも。


0 件のコメント: