2013/11/27

40代デザイナー(女)体のお悩み

40代は思春期です。ホルモンバランスが崩れます。
ホルモンとはなんなのかよくわからないで言ってますが、とにかくバランスが悪いです。
ただ、大人になって経験と知識があるせいで、子供の頃のようにわけもわからず巻き込まれているのでなく、冷静に変化を観察して分析できるようになりました。
参考までにその状態をレポートします。

クリエイティブな活動をしているとき、新しい企画を立案するときなどは、自意識を過剰にして主体的にアイデアを繰り出したり、工夫を尽します。
この期間の私のテンションは非常に高く、自信満々で、自分が世界を変えてやるからお前ら全員黙ってついてこいやくらいの気持ちになっています。

結果、体にも変化が現れます。
まず食欲がなくなります。子供がいるので子供用には料理をしますが、わたしはキッチンに立ったままでちょっとつまむだけです。あと、睡眠欲がなくなります。寝る時間があるくらいなら作業を続けたい。早く出来上がりが見たい。という気持ちになります。
そして食べないし寝ないせいか、痩せます。顔もスッキリしますし、体も軽くてスタイルもよくなるしでノリノリです。

そうやって調子にのっていると不具合が起こってきます。
極端に協調性が無くなるのです。
そればかりかやや興奮気味に「自分は正しい」と考えているもんで、親しい関係の人々の「正しくない姿」にガマンができなくなります。結果、相手の間違いを正面切って指摘したり、気に入らないことを並べて不満をぶつけたりするようになります。
さらに自閉して「誰も私のことをわかってくれないの」とかんがえるようになります。

ここまできてやっと「あ!思春期なう♥」と気づくのです。

でも大人だからテストステロンのせいだということがわかります。
闘争本能や孤独願望はテストステロン(男性ホルモン)が優位になった症状だわ。と。
中学くらいで男子が盗んだバイクで走りだすのも芽吹きだしたテストステロンが脳内で暴れているからなんですね。
で、40代の場合、壮年期より体力でごまかしが効かないせいでか、ホルモンの均衡を欠いたときの作用が中学生と同じくらいのインパクトで来るようになるそうです(婦人科の先生談)。
クリエイティブな生活を興奮気味に続けているのは楽しいし良いのですが、イライラしたり、攻撃的な状態が続くのは望むところではありません。そこで私は大人の力でそれを修復しようと努めます。

女性ホルモンを分泌してホルモンバランスの均衡を取り戻そうとするわけですね。
薬を処方してもらう方法もありますが、ケミカルな手法は抵抗があるのでだいたい漢方とか食品でエストロゲンを誘い出そうとがんばります。

するとどうでしょう。あの時の攻撃欲は何だったのかしらー。ウィー・アー・ザ・ワールド。
みんなで手を取り合って平和を守りましょう(・ω<)
と、あっというまに気分が変わるのです。
そして素晴らしいことに他人には当然のことながら親しい人々にも寛大(むとんちゃく)な私が戻ってきます。おかえりなさいエストロゲン。
おかげでお母さんモードにもすぐ入れます。夜は家でゆっくり手の込んだ料理を作ったりして、子供と一緒に楽しんだり、休日は自分勝手にジムで体を鍛える欲も減って家事に専念したり。人の幸せはわたしのしあわせ。このまま仏になってしまいたい。なーむー。
なのもつかのま。いいことばかりはありゃしない。困ったことにはこのあたりでまた体に不都合が生じます。

まず、太ります。食べたり食べさせたりするのが楽しいので体重が増えます。テストステロン優勢期には全くなかった「甘いものが食べたい欲」も手伝って。
そして眠い。
なんか、すごい寝るようになります。朝5時より前に起きるのがしんどくなります。
今ならわかりますが、仏像がウトウトしてるみたいにみえて、しかも体つきが下っ腹ポッコリでどことなく女性っぽいのはそのせいか。と。
ピースフルな精神状態は眠気と腰回りの太さに宿るか。と。

うーん。どうしよう。太るのやだなあ。
でも攻撃的で孤独願望が強い人間になるのもいやだなあ。

ということで、今後はどうにか修羅と仏の間を高速で行ったり来たりすることであたかも1つに見えるような戦略を取って行きたいと思います。

と、イラついて人様に当たり散らしたことと怠慢で太ってきたことを頭いいふうに正当化するのはこのへんにしとくか...。外的要因のせいにして癒されました。明日からがんばります。




金が欲しくて働いて眠るだけ〜

0 件のコメント: