2013/04/30

大自然死


4月29日7時45分、とうとうばあちゃんが110年にわたる生涯を終えました。
死因は無し。内蔵、細胞のひとつひとつがハードの限界を迎えたようです。
書類上は「老衰」ですが、死というよりむしろ「停止」といったほうが正しいような気がします。
ばあちゃんは最後まで病気にはなりませんでした。病気でないということは、医者が生命の危機を迎える時期について読めない。ということでもあります。
病気という「原因」がある場合、それにあらがうための「手法」を考えたりとかその手法を講じた結果を予測することができますよね。命が病にすこしずつ奪われる。それを少しでも食い止める。という攻防のなかで初めて医者は残りのHPを計算することができるのだなあ。と、ばあちゃんをみていておもいました。ばあちゃんの場合、いつ停止するのかは医者にも最後まで予測ができませんでした。

ただ、長い年月のなかでばあちゃんを世話し続けてきた私の母が唯一ばあちゃんの死期をかなり正確に悟ったみたいです。
母は「ばあちゃんは呼びかけに反応したり、食事をしたがってはいるが、もう惰性で動いているようで、ばあちゃんの個性が外に出ないようになった。そろそろかもしれない」と、亡くなる二日前に言っていました。ボケているとかでなく、動いてるけどまったくコンタクトが取れない感じとか。インプットはできるがアウトプットの処理ができなくなる、それがなんかリアルに「死」ということっぽい。
最後は深く息を吸って、吐き出さずに終わったと訊きました。
士族時代、会津戦争で敗退。屯田兵として北海道に追われたばあちゃんの家族はその後いっぱい苦労したとおもいます。
ニコニコ超会議2終了までがんばってくれてありがとうございました。
考えるのをやめ、完全に停止してしまいましたがばあちゃんは、立派なアルティメット・スィングです。



今頃大気圏外で「星!バカな!」と言っているのかなあ。


0 件のコメント: