2006/10/09

IKEA地獄

家具を買うべくあちこちの家具店をのぞいていたが、昨日IKEAに行くことを決心した。
その前に亀戸の家具店、和田屋をのぞいていたせいか、旦那は到着するまで「池屋」だと思っていた。
なんで南船橋までそんな店に・・という消極的な気分だったのが、実際に店構えを見たとたんそのハイカラさに驚く。冗談抜きで「欧米か?」である。
建物の広大さは田舎のJASCO並み。しかしJASCOが映画やレストランなど複数の異なる店舗を抱えるショッピングコンプレックスであるのに比べ、IKEAは家具、生活用品という統一テーマしか扱っていないだけ広さも際だつ。これぜんぶ、インテリアか?というインパクトは強い。当然空間の切り分けもでかいのだ。
フロア構成は1階エントランス付近に託児施設、2階がセンスのいいインテリアを、キッチンや子供部屋などのコンセプトごとにまるで幕張の展示会並みに公開しまくるショールーム、そこを抜けて初めて到達する1階の購入フロアに続き、高さ10mはあろうかという、フォークリフトと人が行き交う倉庫のような商品陳列コーナー、さらにその奥手には巨大会計フロアに発送カウンターと大きく5セクションに分かれている。

最初のうちは「わーひろーい」とか、「黄色いカバンに商品いれるんだーかわってるー」とか、「メモ用紙と鉛筆かしてくれるのー、そっか広いから、メモっとかなきゃわかんなくなっちゃうよねー」なんて観光気分も味わえるものの、進むにつれていろいろなことが起こってくる。

ショールームも半ばにさしかかると、まず、フロアの広さに歩き疲れてくる。

そして商品の多さにあきれてくる。

しかしまだここでは商品を購入できないのだ。
ゆうに40分は歩き続けただろうか。しかし、その間に一応商品の名前と、陳列場所をメモったりもすることはする。しかし、集中力がなくなってくるので、ここですでにメモもとったりとらなかったりしている。

私はベッドを買う予定だった。ちなみにIKEAの大型家具はすべて組み立て方式である。
購入前に完成型のモノを確認できる機会はショールームしかない。だからショールームを出る頃には購入希望の商品と、そのサイズ、色などはすべて決めておく必要がある。
私はその日、ベッドマットの寝心地に集中していた。そして陳列してあるベッドに寝そべりまくったものだ。あ〜これはいいね〜これもいいねえ〜。で、なんとなく商品名をメモってフラフラと購入フロアまで到達した。その時初めて陳列しているシーツカバーなどに目がいった。
「あ、そうだ・・シーツとか上掛けとか、かわなきゃね・・」
と、ここへ来てベッドがマットとフレーム以外でできあがっていることに思い至る。旦那用セミダブルと私用シングルのSを物色。次に倉庫のようなベッド売り場でメモを頼りに棚を見るが目当てのブツが無い。フロアに少量ある検索端末を使って、再度商品データを確認。その時点で、幅180cmというキングサイズのダブルがあることが判明した。これでよくない?ベッドフレームは倉庫から各自ゲットだが、一部の商品は店員に注文書を出力してもらう必要があるそうなので、店員を捕まえ、これこれこういうのをくれ。とお願い。
「キングサイズは国内商品ではございません」ブヒ。え〜。じゃあ幅90cmのを2つでいいや。このフレームって並べたらぴったりくっつくの?などと訊く。
「ショールームには、行かれましたか?」
怒ってる。自転車盗まれた〜といって騒いでいたら「カギはかけていたの?」と警察に叱り口調で突っ込まれたような、そんないきおいで。
かけてました・・じゃない。行きました。行きましたよ。それなりに。

「あちらでご確認いただき、こちらで商品を入手していただくのが流れなので」

てめえなんでちゃんとショールームで何買うか決めてこねえんだよ!ということである。
つまりね、正しいIKEAの歩き方というのは、ショールームでガッチガチに心を決めるか、カタログでゲットするもんをぶれないハートに熱く抱いて倉庫に走る。ことなのである。

歩いているうちに気が変わったとか、よくわかんないから最後に店員に訊いてみようとか、会計してたらやっぱ他のもんも欲しくなったとか、そういうことは、許されない。いや、許されはするが、それは歩き続けた果てに再度あの広大なショールームへ戻って商品の有様を確認する気力と体力のある人間に、だけだ。

私は手元のメモに目をやった。意味がわからない・・。買うことは決めているが、何にするかは決めていないというのがよく分かる、適当なメモに仕上がっていた。
結局ぴったりくっつかないかもしれないベッドフレームを適当に購入し、在庫のあるマットですまし、サイズ変更となったシーツやカバー群を、会計から遙か離れたファブリック売り場まで、戦争映画のごとく人並みに逆らいながら再確保したのだった。

恐るべき北欧、家具のバイキングよ。

以下、IKEAから学んだ点

・私の部屋はこう飾る!という岩のような意志を持て
・店員に頼るな
・午前中に行け
・買い物は研修を経てから(無いけど)
・体作りが先

以上。

4 件のコメント:

おかもと さんのコメント...

お疲れ様です。岡本@オラです。
先日はセミナー聴講できず残念でした。

船橋に1回、横浜(こちらが近い)に1回行ったことがあるのですが

・6時過ぎに行く
・レストランから逆流する

のもコツかと思いました。

Yano_Rin さんのコメント...

お〜岡本さん、おつかれさまです。
そうか・・レストランから逆流か・・
猛者ですね。ありがとうございます。
買うつもりがなければ楽しいところだとおもうんですけどね。
「けっこんしたらあ〜こんな部屋にすみた〜い」
というカップル歴2ヶ月(予想)の連中は楽しそうにみえました。

すてっち さんのコメント...

光景が目に浮かんでお茶吹きましtwwwww
考えながらモノを購入できないとはすごく不便だね。
何回も通って決めるか一発で決めないといかんのか...
おそるべし...。


IKEAに行ってきた人においらもアドバイスもらいましt
・スニーカーで行け

Yano_Rin さんのコメント...

まじで・・
スニーカー大事だよ。
子供とはぐれたら中学生ぐらいになって帰ってくるよ。たぶん。
しかも家中のものが買ったベッドで寝れば布団のあげおろしからも解放される。と思ったら、チビの野郎「こんなつまらん部屋では寝られん」とかいって拒否しやがんの。おもちゃがなければなあ〜だと。結局チビと私は子供部屋の布団で寝ることに。意味もねえ〜