2006/04/27

なぜブロガーにしたのか

昨夜のこと。早速筆者のブログを主人が冷笑しながら閲覧している。
何がおかしいのかと問いただしたところ、
「Bloggerか。米国人きどりか。スカしたブロガーだな。なぜBloggerにしたのか、理由をきいてみたいものだ。」という。
主人は筆者より数年先にブログを初めている。そのために何か私のような入門者では知り得ない情報を持っているうえで、私の選択をあざ笑っているのかもしれない。と、咄嗟に仮定しつつ、なにかもっともらしい理由を述べようと試みたがだめであった。

「エントランスページのデザインがかわいらしかったから。」

実はこれが主な理由だ。
正直にそう告げると案の定主人はうすた京介漫画の登場人物風にプフーッと笑った。
非常に悔しい。今朝も友人になぜBloggerにしたの?と、聞かれた。なにか昨夜の一件で気分的にブロガーに対するイメージは一般に(?)のつきやすい、もっと言うと(阿呆か?)という印象がつきまとうものではあるまいかと、すっかり疑心暗鬼に陥っている。この気分を打開するためにも、ここは本腰を入れて後付けのもっともらしい理由を考えるしかあるまい。

以下理由

1.投稿のインターフェースがすっきりしていて使いやすい
これは間抜けな勘違いであることが後に判明した。筆者の環境はMacOSXで、普段はサイトの閲覧をSafariでやっている。BloggerはいまのところSafariに完全対応しておらず、Safariで見ると単に対応していない機能が剥げていただけの話だった。

2.余計な広告ツールがない
他のブログサービスでも不要なものは無論はずすことは可能だ。しかしながら、主体的におまけ機能を導入しないと実にあっさりした構成になっている点はBloggerのよいところといえる。

3.ブログのエントランスに競争心をあおるような仕掛けがない
自意識過剰な性格上、ブログランキングなどを大々的にやられると「自分もいつかは」などと心中穏やかではなくなり、おそらくそのうちブログ運営自体が重荷になる可能性もある。Bloggerは純粋にツールっぽいところが好きだ。まあ、それを欲するのなら自分でサーバーでもたててMTでも入れろ。あるいは、見なきゃ良い。ということでもある。

4.テンプレートがすっきりしている
おいおい自作の皮に変更する予定ではあるが、ありものの皮がシンプルで好ましかった。しかしフィードへのリンクさえ自分でつけなきゃ出ないうえに、AdSenceの位置も初期設定では変な位置にくるので、ソースに手をつけることは避けられない。

以上。
たいした理由でも無い上に、自分で打ち消している部分もある。
ひとことでいうとBloggerはレゴ感覚のブログとでも言おうか。初期状態ではトラックバックの機能さえなく、RSSを作ったり(Bloggerはatomだ)アクセス解析ツールも外のものを使わねばならぬ。この点が、私としてはおもしろく映るのだが、どうだろうか。ブログを生成する技術に興味はあるが、自前で立ち上げるほど腕に自信はない。という人、あるいは好奇心旺盛なデザイナーなどには結構おすすめだ。ただし、簡単に豊富な機能を取り込んで楽しくとはいかないようだし、テンプレートのXHTML宣言箇所などはlang="en"のままだったりして細かい部分で日本語に冷たいのは腹立たしい。

いろいろありすぎて精査するのが面倒なのでみてくれで選んだ私でも、なんとかやっていけそうである。
主人の冷笑を胸に、臥薪嘗胆、短期での乗り換えは絶対にすまいと心に誓っている。

1 件のコメント:

oottaa さんのコメント...

なるほどでした。参考になります。

昨日、とりあえずbloggerとFC2を使ってこそこそ始めてみたんですが…。

bloggerは管理画面が使いやすい(macOSX、firefox)と思ったら、携帯から写真添付するのが僕のケータイの機種だとできなかったりしてやさしいのかやさしくないのかビミョ−だなと思いました。テンプレートデザインはよいですよね。

FC2の方が管理画面がわかりづらいっす。
ケータイからの投稿はすんなりでした。
でもきっと有名だから慣れたらとてもいいのかな?という感じでした。

「イメージは一般に(?)のつきやすい、もっと言うと(阿呆か?)という印象」
僕に関してはこれはないですよー。超ど級初心者ですし。
ブログ(日記)をやること自体(?)な印象はありましたが…。