2013/07/25

ゴルァえもん時計


以前から気に入る時計がなくて困っていたのですが、息子が描いた変な絵を使って時計を手作りしてみました。
5mmのアクリル板に絵をUV印刷し、ドリルで穴をあけてムーブメントを取り付けただけの手抜き時計です。「ゴルァえもん」は絵を描いたとき、アンドロイダーの百名編集長が名付けてくれました。

新幹線の中で描いた、たった5cm程度の手書きの元絵をXperia Zで撮影、Photoshopで144dpiまで水増ししてレベル補正してます。印刷の場合、白はヌキになるので、アクリルはカラーにしました。
入稿データ(PSD)にはグレーっぽいノイズが含まれていましたが、見事にヌケました。逆に言うと、のる色の諧調が限られている...ということでもありますが、太めのフェルトペンなどで白い紙に書きなぐった落書きなどはいい感じに印刷可能だと思われます。じゃあ直接板に描けよ..とも言えますが、UV印刷はインクの「のってる感」が結構あって、直接描いた風合いとはまたちょっと違った感じでよかったです。

PSDで144だと高さ30cmには微妙に足りなくて、文字盤がよく見ると眠いです。
こんどはちゃんとAI入稿するか、350dpiに足るデータにしようとおもいます。


軽いから3Mコマンドタブのフックで適当に貼付けられます。私はアクリル板を印刷しただけで、ムーブメントは息子が勝手に取り付けてました。


0 件のコメント: