2006/11/16

レゴ

息子3歳とレゴをやる。
小さなパーツで家や車などを作るのだが、息子はなぜかつねに「装飾過多」な状態にしようとする。
車にちいさい円柱のパーツをいっぱいつけて飾りにしたり、
家に窓枠とか細い柱みたいなもんをいっぱいつけるとか。
作った後に眺めるだけならまだしも、絶対動かしたり、人形いれたりして「使用」を試みようとする。

まあ、壊れますね。

そのたび「わあああああなおしてええええ」とか「こわれちゃった〜〜〜ママのバカ〜〜〜」
などと制作を担当した私にクレームをつけてくる。

「お前ねえ!スタイルの向上っつうもんはハイレベルな要求なわけよ!構造部分をしっかりつくんないと脆弱なのはしかたないのよ。もっと時間かけないと!あんた待ってられないわけでしょ?じゃあもうちょっとシンプルなスタイルで我慢しな。飾りたきゃ、さわるな。眺めるだけにしろ。」

などとつい熱く解説。しかもなんだかいつも思っていることとかなり被っている。
レゴなのに・・

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

こんばんは。通りがかりのものです。レゴブロックの話を読んで、コメントしたくなったので書き込ませて頂きました。すみません。読み流してください。
今年のクリスマスに来年3歳になる子供にレゴブロックをプレゼントしました。私も子供と一緒にレゴブロックで遊びます。
うちの子もブロックで作ったもを、(所詮ブロックだから壊れ易いのに)完璧だと思ってしまって、手に取って遊んだあげくにバラバラにして、「こわれた〜!」って大騒ぎします。最近は懲りたのか壊すのが怖いらしく、自分で思うブロックで作った力作は、リビングにあるダッシュボードの上に飾りたがります。お陰でダッシュボードの上は不思議なオブジェでいつもいっぱいです。

Yano_Rin さんのコメント...

通りがかり様。コメントありがとうございます。
壊すのを怖がるようになった。とは、ものすごい進化をとげられましたね。創造と破壊はセット。壊れるまでの間をいかに引き延ばすかに目覚めたということですね。うらやましい。うちのやつはまだそのへんに気付いていません。早く目覚めていただきたいものです・・。